知の財産を次の世代へ。

Video of Vatican Library Digital Archiving Project by Vatican Library and NTT DATA

AMLAD

AMLAD®は、博物館・図書館・公文書館(各種MLA機関*1)や企業・団体が保有する画像、動画、音声などのあらゆるデジタルコンテンツを一元管理、利活用可能な形で資源化し、パソコンやタブレット、スマートフォンなどの様々なデバイスから簡単に検索・閲覧することを可能とします。

*1 Museum Library Archives

デジタル資産の保存・管理と利活用を実現

NTTデータは、これまでに国立国会図書館や様々な公共機関における大規模デジタルアーカイブシステムの構築に携わってきました。
AMLADにはこれらの経験を通じて培ったノウハウが凝縮されており、貴重資料の長期保存に最適なデジタルアーカイブシステムや、企業内で日々生み出されるデジタル資産を有効活用するデジタルアセットマネジメントシステムなど、様々な形でお客様の知的創造活動をサポートします。

対象コンテンツ ・書籍/新聞/雑誌 ・音声/映像/写真 ・ビジネス文書/社史 ・文化財/歴史/遺産 ・ウェブサイト/SNS → 登録 AMLAD 組織化 保存 提供/API → 活用 ・インターネット公開 ・プロモーション/情報提供 ・高臨場体験/VR ・データ/言語解析  外部連携

特徴

AMLADで保存・管理するデジタル資産は、様々な方式で他のシステムや各種のデバイスと連携を行うことが可能です。AMLADは、デジタルコンテンツの長期保存に関する国際標準であるOAIS参照モデルをはじめとして、画像共有の仕組みであるIIIFなど多数の国際標準に準拠し、豊富な連携インターフェースを具備しています。システム間の連携に留まらず、スマートフォンアプリなどとの連携も可能で、デジタル資産の活用の幅を広げることができます。

AMLADはお客様のご要望に応じてデジタル資産の管理を柔軟に行うことができます。管理画面ではメタデータの編集や登録済みコンテンツの公開・印刷・ダウンロードの可否設定を簡単に行うことができます。また、ご要望に応じてお客様の業務に準じたワークフローを具備することも可能です。柔軟で充実した管理機能により、セキュリティに配慮しながらお客様に適した形でデジタル資産の管理、流通、活用を実現しています。

AMLADは利用目的にあわせて、コンテンツを閲覧・使用する利用者側に対しても、様々な機能を提供しています。たとえば有償コンテンツの場合、利用者がコンテンツのダウンロードを希望する際には利用申請を行う仕組みを設けることも可能です。利用申請したいコンテンツが複数ある場合に一括申請するためのカート機能や、申請ステータス・申請履歴・ダウンロード履歴を確認できるマイページ機能等、利用者の利便性に配慮した使いやすい機能を提供します。

事例紹介

公共機関のお客様へ

AMLADはデジタルコンテンツの長期保存に関する国際標準に準拠しており、コンテンツに辿り着くための多様な検索手法と、高精細画像の閲覧に適したビューアを備え、お持ちの貴重資料を永続的に保存、閲覧に供するためのデジタルアーカイブに最適です。外部のデジタルアーカイブシステムとの連携に必要な様々なインターフェースも有しており、他のMLA機関との連携を容易に実現することが可能です。つまりAMLADは、利用者に新しい発見をもたらすディスカバリーサービスの仕組みを提供します。

企業のお客様へ

AMLADは様々な活用が可能です。契約書、請求書、設計書などの書類、あるいはレントゲン写真、治験データ、音声や動画―。AMLADなら膨大かつ多種多様な資料をデジタルデータで保管することができます。例えば、商品マニュアルやパンフレット・ロゴマーク等の電子データを社員がパソコンやタブレット、スマートフォンで閲覧できるようにすれば、効果的なノウハウ共有、営業ツールとなります。組織内に埋もれていた情報資産を利活用できる仕組みを整備することで、お客様の業務効率向上、新たな価値の創造に寄与します。

保存 × 活用 × 外部連携 官公庁 / MLA機関 / 金融 / 医療 / 通信 / 交通 / 製造 / 流通 / メディア / 放送

企業情報

NTTデータグループは、情報技術で、新しい「しくみ」や「価値」を創造し、より豊かで調和のとれた社会の実現に貢献します。

お問い合わせ

AMLADに興味をお持ちの方は、お気軽に弊社窓口までお問い合わせください。
サービス内容等についてご説明させていただきます。